お知らせ

私たち島バナナ研究会の経験値で「本物の島バナナ」とはこういうものであるということを定義します。

●島バナナは小さい。
大きいものは、味が似ていても特有の酸味や香り、もっちりとした食感がない。

●収穫時、まだあおい時に、アザやシミが多いものは、熟しがうまくいかなくて、結果島バナナ特有のおいしさがない。(病気か)

●必ず外気温で日陰に吊るさなければならない。
これを怠ったり冷蔵庫に入れたりすると、島バナナ特有の味・香り・食感が失われ、商品としての価値は半減する。

●春から初夏の島バナナは、まだそのおいしさのピークに達していない。
おそらく、一定の温度にさらされなければいけない。

●熟したときの島バナナの皮は薄い。
薄くないものは別種と考えられる。