農家インタビュー

今回は、夢農人とよたメンバー 餅神商店 もものみせ TAKファームの高田浩倫さんに
お米農家・餅つき農家・小豆の農家として、多数の農業を販売につなげている
取り組みについてお伺いしました。

[2019.02.20 ころも農園にて]


生産している主な農作物


ミネアサヒ
緑米
小豆
杵つき餅


概要


▼所在地
豊田市羽布町
▼栽培について
種まきから加工、販売まで一貫した生産方法で無添加はもちろん、
安心安全をモットーに美味しさを提供しています。

▼出荷・販売先
イオンスタイル豊田
JA
名古屋ピピッとあいち
ころも農園
※不定期


下山の大自然の中で・・・


下山地区という、豊田市のなかでも自然にあふれていて
農業に適している地区で、代々農業を受け継いでいます。

春には、ミネアサヒ・緑米の田植え、小豆の種まき
夏には、草取り、水田の水質管理
秋には、お米の収穫・小豆の収穫
冬には、緑米を使った、昔ながらの杵つき餅の販売

など、年中通して農業と販売をしている農家です。


農業をもっと知ってほしい


みなさんに『安全で美味しい!』といっていただけるように、
できるだけ農薬を使わず、手をかけてお米の栽培をしています。

小豆に関しては、有機肥料のみで栽培し、農薬は一切使いません。
そのため、とても手がかかり、大量生産もなかなかできにくいのが現状です。
美味しいものを届けるには、こだわっていたい部分のひとつでもあります。

下山地区の大自然からいただける、冷たくてきれいな水、空気は
とても豊かな土壌を作り上げてくれるので、とても恵まれている環境で農作物の栽培をしています。
そのかわりに、獣害などにも悩まされ、対策や対応に時間や手間がかかります。
また、対応への費用などもかかります。

実際農業をしていると、消費者のみなさんには、なかなか見えてこない
手間や時間、費用が発生しているのですが、その価格や価値がわかっていただけないのが
現実です。
美味しい農作物をつくり続けるには、適正価格を理解していただけるようにもっと活動していかないと
いけないなぁと感じています。


笑顔がなにより嬉しい!


緑米の杵つき餅を、実演販売で販売するようになって
多くの方から『ここの餅しかもう食べられなくなっちゃった!』
お声をかけていただくことが何度もありました。

そのたびに、とても嬉しく、もっともっと美味しいものを育て、販売しよう!と
いう力を頂いています。

お子様たちがその場でつきたてのお餅を食べ、にっこり笑ってくれる。
農家にとっては最高の贅沢です。


もっと多くの人に緑米を知ってほしい


夢農人とよたに入って、たくさんの方に販売することができるようになりました。
メンバーである大橋園芸さんは、人脈も多く、経営力、行動力がとてもすばらしく
尊敬している方でもあります。
自分自身も、もっと、活動の場所、販売の場所を広げ、
食品コラボできる方や、お客様のつながりの輪をひろげていけたらと思っています。